用途に応じて大きく異なる

トラック

中古ダンプには複数の種類があるため、どんな種類があるのかを理解して利用することが望ましいとされています。土木・建築業界を中心に必須とされているダンプには大まかに分けて3種類存在しており、それぞれ小型・中型・大型です。小型は2トン車、中型は4トン車、大型は10トン車とされており、土砂を運搬することが可能な物から土砂を運ぶことができないものまであります。積み荷を降ろすタイプに関しても複数存在し、積み荷を車両の後ろに流して下すリアダンプや、左右に下せるサイドダンプ、左右と後ろに下せるものなど多岐にわたることも事実です。使用する用途によって選択することが可能となるため、購入前に業者に確認を取って選ぶことが必要となります。

トラックと具体的な違いを知る

ダンプカー

中古ダンプの購入を検討している業者は少なくありませんが、トラックとダンプの違いについてよくわからないという人もいます。具体的に違いはどんなところにあるのかを確認し、最適な物を選ぶことが自社の業務効率化に大きく役立つでしょう。トラックとダンプは基本的にほぼ同じものとされており、トラックの一部にダンプが含まれる形となります。一般的に日本国内でトラックと定義されている物は、運転席の後部に荷台のついている車で、荷台の種類に応じて名勝が変化することは多いです。ダンプと呼ばれているのは後ろの荷台部分を稼働させて荷物を降ろすことのできる車の総称で、中にはクレーンのついている物もあり、土木・建築業界でよく使用されます。

購入前に店舗で確認を

女性とトラックの模型

中古ダンプを購入するときには、間違ってトラックを購入しないように種類を確認してから購入することが必要となります。ダンプトラックには複数の種類が存在し、運搬できる荷物や機能なども大幅に異なり、使用できるシーンも別となるため、事前に確認してください。中古ダンプトラック販売業者の中には、経費節減のためといってオンラインでのみ店舗を展開しているところもあります。信頼できる業者かどうかインターネットで口コミを確認し、納得したうえで購入することがトラブルを回避し良質な物を購入する上で必要です。オンラインで販売している業者の中には信頼できるところもあるため、確認してから購入することが望ましいことは確かといえます。事前に業者に相談し、自社で求めている車種について連絡して最適な物をアドバイスしてもらう方法もあるため、購入前の参考にしてください。実店舗で利用する場合は、事前に直接車種を見ることができるため、修理歴などを確認してから購入することが重要です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中